釣り道具

シマノのアフターサービス-STRADICのドラグ音が鳴らないので!?SHIMANOダイレクト修理サービスを利用してみました

STRADICのドラグが鳴ってない!

実は少し前から気がついていたのですが、僕が使っている「STRADIC ci4+ 4000XGM」のドラグ音が鳴っていませんでした!

掃除する時にスプールを付け直すと、暫くの間はドラグ音が鳴るのですが、数回キャストした後は、やはりまた鳴らなくなります!

最初は「音がしないだけだし、まぁいいかなぁ~」なんて思っていたのですが、やっぱり気持ち悪いので修理に出す事にしました。

そこで今回は、タイトルの通り「SHIMANOダイレクト修理サービス」を初めて利用してみましたので、このサービスについて、簡単に紹介をさせて頂こうと思います。

今後、シマノ製品の修理、オーバーホールをお考えの方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

シマノのダイレクト修理サービスとは?

まず最初に、シマノのダイレクト修理サービスとは何かについて、簡単に書かせて頂きます。

とは言っても、読んで字の如くで、要するに釣具店を挟まず、シマノに直接、修理、またはオーバーホールの依頼が出来るサービスです。

では、釣具店を通さずに直接依頼すると、何が良いかと言うと

  • 家まで取りに来てくれるので、釣具店に持っていく手間が無い
  • 修理後も家まで送ってくれるので、釣具店に取りに行く手間が無い

と言う事かと思います。

実際のところ、釣具店に行くのは大した手間ではありませんが、僕の場合、用も無いのに釣具店に行けば、どうせまた、余計な物を買ってしまいます。

手数料が安価なのと、余計な買い物をしないで済むというのは個人的には有り難いです!

(このダイレクト修理サービスを利用するのが、一番安く済むと思っていいたのですが、実は違いました・・・ それについては後述させて頂きます!!!)

もし、デメリットがあるとすれば、Webサイトからの修理依頼なので、写真の添付とか、修理内容の記載など、PCで自分でやるのは面倒と思う方には、少し煩わしいかもしれません。

ちなみにサービスの利用料金は、往復の送料込みで2,000円、プラス修理の実費という事になります。

実は少し前まで、このシマノのサービスは停止中だったのですが、いつの間にか再開されてましたので、早速利用してみる事にしました。


「スポンサーリンク」

サービスの利用方法

 1.会員登録

まず最初に、シマノダイレクト修理サービスの「ログイン画面」にアクセスします。

そして、画面下の「新規利用登録」をクリック

既に会員アカウントをお持ちの方は、そのままログインして下さい。

2.年齢確認

何故かは不明ですが!「あなたは20歳以上ですか」と聞かれますので「はい」をクリック

「いいえ」をクリックしたら、どうなるんだろうと思って押してみましたが、なんと無反応でした!!!

3.利用者情報の登録

次に「名前」「なまえ(ふりがな)」「生年月日」「メールアドレス(ログインID)」「パスワード」を入力して、利用規約に同意して「確認画面へ」をクリック

これで仮登録までは完了です。

4.本登録確認

仮登録が終了すると、先程「ご利用者登録画面」で入力したメールアドレス宛てに

「【シマノセールス株式会社】利用者(仮)登録完了のおしらせ」という件名のメールが届きます。

そのメール本文中の、下記文章の下に、本登録用のURLが記載されていますので、そのURLをクリックして本登録完了です。

利用者(仮)登録が完了いたしました。

※下記URLをクリックすることで本登録が完了します。

それまでは設定したID/PWは有効になりません。

5.修理の依頼

そして、ここからが修理の依頼ですが、上記画面で「修理の依頼します」をクリック

※ちなみに上記画面は「1.会員登録」でアクセスした「ログイン画面」を開き「3.利用者情報の登録」で入力したメールアドレスとパスワードでログインします。

6.商品コード、領収書など、添付画像の準備

「修理の依頼します」をクリックすると、上記の画面が表示されます。

要するに、保証書(あれば)、商品名、商品コード(箱の写真)、破損、修理希望箇所の写真を準備して下さい、という確認画面です。

ちなみに僕の場合は、STRADICの箱の写真(商品コードが見えるように)と

今回は、ドラグ音が鳴らないという現象で、破損個所が不明なので、とりあえず本体の写真を3枚と(今思えば、僕の場合は1枚で十分でした)

あと、ここには掲載できませんが、Amazonで購入した際の、領収書の画像を準備しました。

諸々の添付画像が準備できたら「修理依頼」をクリック

7.依頼内容の入力

「修理依頼」をクリックすると、上記の画面が表示されますので、準備しておいた画像を添付します。

上のキャプチャ画像では映っていませんが、画面の下の方に、依頼内容を文章で入力する欄と、集荷希望日を入力する欄がありますので、諸々の情報を入力して確認ボタンをクリック

8.依頼内容の確認

最後に、修理依頼の内容を確認して、問題が無ければ修理依頼のボタンをクリックして終了です。

9.修理依頼完了

修理の依頼が終了すると「修理依頼登録画面」で、現在依頼中の一覧が見れます。

この後の流れとしては、以下のような感じみたいです。

「指定した集荷日に製品を取りに来てくれる」

「シマノで修理金額の見積もり」

「見積もり金額に応じて、修理依頼 or 返却」

「返却配送」

僕が、見落としているだけかもしれませんが、不思議な事に料金の支払い方法の事が、どこにも記載されていませんでした!

もしかしたら、返却の時に着払いという感じなんですかね?

その他、詳細につきましては、以下のオフィシャルサイトをご参照ください。

SHIMANOダイレクト修理サービス

ご利用ガイド


「スポンサーリンク」

同じ事を釣具店に依頼をすると

先にも書きましたが、実は少し前まで「SHIMANOダイレクト修理サービス」は、サービス停止中だったので、釣具店に持ちこみで修理しようと思ってました。

その際、釣具店に料金を問い合わせた内容も、参考までに書いておきます。

POINTの場合

まず最初は、僕が大好きな釣り具店のPOINTですが、なんと手数料(配送料込)が4,000円必要で、プラス部品代を含む、修理費用の負担が必要みたいです!

仮に、修理代の見積もりが高額で、修理自体をキャンセルした場合でも、手数料の4,000円はかかるそうです。

TAKAMIYA製品を始め、釣り具自体は安価で、サービスが良い釣り具店だと思っていましたが、これは意外でした!!

上州屋の場合

次に上州屋ですが、手数料(配送料込)は無料で、部品代を含む、修理費用の実費負担のみで良いようです!

もしかしたら老舗ならではの、SHIMANOとの関係性があるのでしょうか?

2017.05.03追記

この記事を読んでくださったpixy様がコメントで有益な情報を送って下さいました。

2017.05.02時点では上州屋でも上記とは別に、見積もり手数料が約600円かかるそうです。

詳しい内容については、pixy様のコメント欄をご覧になってみてください。

pixy様、有益な情報を有難うございます。

(*- -)(*_ _)ペコリ

タックルベリーの場合

そして次はタックルベリーですが、POINTや上州屋などの量販店とは異なり、SHIMANOへは問屋さん経由でメンテナンスを依頼するそうです。

手数料としては、問屋さんへの片道配送料が約500円と、部品代を含む、修理費用の実費がかかります。

POINTと比べれば費用的には安価ですが、問屋さん経由なので、量販店経由と比較すると、修理から戻るまでの時間がかかるそうです。

釣り具店経由での修理依頼なら

今回は、僕がよく利用する釣り具店のみの比較で、キャスティングなどの量販店は入っていませんが、釣り具店経由での修理依頼は、上州屋の一択で良いようです!

というか、実は「SHIMANOダイレクト修理サービス」に申し込みをする前は、釣り具店はPOINTにしか問合せをして無かったのです・・・

POINTで4,000円も手数料を取るなら、他はもっと高いだろうなぁ!と勝手に思い込んでしまったのですが、お近くに上州屋があるのなら、間違い無く、上州屋に持ち込むのが一番良さそうです!!

また、これらの情報は2017年4月時点の、SHIMANO製品に限った情報なので、皆さんが釣り具店経由で修理依頼をする場合には、改めて確認をしてみて下さい。

結果は、改めて記事にしようと思います

少し寂しいですが、暫くの間「STRADIC ci4+ 4000XGM」とはお別れです・・・

西湘サーフに行く時のタックルは殆ど、この「STRADIC ci4+ 4000XGM」+「ディアルーナS1100」だったのですが、留守の間は、「15 STRADIC」に代役をお願いしようと思っています。

今回は「SHIMANOダイレクト修理サービス」の利用方法までを記事にさせて頂きましたが、その後の状況も、改めて記事にさせて頂こうと思っていますので、宜しければ、またご覧になってみて下さい。

最後まで、お読み頂き有難うございます。

おかえりストラディック♪

そして後日、シマノさんにメンテナンスをして頂き、ストラディックが戻ってきた記事がコチラです。

宜しければご覧になってみてください。

 

記事が気に入ったら
湘南釣りブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

湘南釣りブログ

関連記事


コメント

    • pixy
    • 2017年 5月 02日

    電動リールの修理をしようと、ダイレクト修理について調べていたらココに辿り着きました。
    記事を見て、上州屋に修理に出しましたが、記事通り手数料は無料でした。(2017.05.02)

    参考までに。
    上州屋でも見積りは約600円かかるそうです。(シマノの見積りが無料ではなくなったとのこと)
    修理を出すときに、修理上限金額を設定しておけば、上限以上の場合は見積りを作ってくれるそうです。
    しかし、安すぎる金額を上限に設定しても受け付けてくれないと思います。
    部品単価表は店に置いてあり部品代は予想できるので、微妙な修理金額は設定すれば、事前に修理金額を知ることは可能だと思います。

  1. テケテケ
    • テケテケ
    • 2017年 5月 03日

    pixy様
    コメント有難うございます。

    上州屋さんでも見積もり手数料が600円かかるんですね。

    それでも、SHIMANOダイレクト修理サービスだと
    「修理代金とは別にお取扱手数料 2000円(送料含む)が必ず発生いたします。」とあるので
    SHIMANO製品のメンテナンス修理、オーバーホールは上州屋さんが一番安価で良さそうですね。

    僕の場合は多分、購入後の日が浅いからだと思いますが
    今回のケースでは送料も含めて全く無料で対応して頂きました。

    また金額はさておき、凄く親切丁寧な対応をして頂けたので個人的にはSHIMANOがまた好きになりました。

    pixy様
    この度は有益な情報を提供して頂き、誠に有難うございます。
    電動リール、元気になって早く帰ってくるといいですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

アーカイブ

湘南釣りブログのYouTubeチャンネル!


「スポンサーリンク」

  1. 釣行記

    2017.11.30釣行記録-ホームサーフ-出勤前の朝マズメ-本日で釣行単位の釣…
  2. 釣行記

    2017.06.12釣行記録-江ノ島-表磯-釜の口-出勤前のプチエギング-今朝は…
  3. ルアー

    秋の大会に向けて戦力強化!!かっ飛び棒130赤金グローリー&PB-24ピンクイワ…
  4. 食す

    先日SUPフィッシングで釣りあげたイナダを美味しく頂きました♪
  5. 釣りの勉強

    包丁の切れ味復活!!見よう見まねですが自分で包丁を研いでみました!!
PAGE TOP