釣り糸の結び方!?とりあえず3つ知ってれば大丈夫

テケテケは3種類しか使ってません

フナ釣りなどの手竿を除きリールを使う釣りの場合、リールに巻かれている糸をロッド(釣り竿)のガイド(糸を通す穴)に通し、その糸の先に仕掛け、またはルアーなどを付けて魚を釣るわけですが

その際、例えば糸と糸、または糸とスナップとか、餌釣りにしろルアーフィッシングにしろ、釣りを始めると糸を結ぶシーンがとても多くなります。

そしてテケテケも釣りを始めた当初は「そんなの固結びでいいんじゃん・・・」と思っていました。

でも、実は、それじゃ全然ダメなんですよね!

何がダメかと言いますと、何かと不便だったり、ルアーをキャストした時に糸の結び目が切れてルアーだけが飛んで行き海の藻屑になってしまったり、まだ見ぬ大物が釣れた時に糸の結び目が切れて魚を逃がしちゃうとか・・・

まぁこの辺は、実際に釣りを始めれば嫌でも経験する事になります。

そしてテケテケ同様、きっと正しい釣り糸の結び方を学ぶ事になるのですが、この釣り糸の結び方も本当に数多くの種類が存在します。

この数多く存在する釣り糸の結び方はインターネットで少し調べるだけで本当に沢山の情報が出てきますので、興味のある方はぜひ検索して色々と調べてみてください。

ちなみにテケテケは数多く存在する釣り糸の結び方のうち「エイトノット」「FGノット」「内掛け結び」という3種類の結び方のみを利用しています。

最初はカワハギ釣りから始まり、今ではエギングにヒラメにシーバスとルアーフィッシングにもどっぷりハマっている現在ですが、この3種類の結び方のみで今でも問題なく釣りを楽しむ事が出来ています。

そこでこのページは、テケテケが利用している3種類の結び方をインターネットで調べた時に、分かりやすかった動画解説をブックマーク的に紹介させて頂こうと思います。

一番最初はテケテケも「電車結び」とか「クリンチノット」など、他の結び方についても色々調べたりしましたが、恐らくはこの3種類、もっと言えば釣り針に糸を結ぶ必要の無い人は2種類の結び方だけおさえておけば十分に釣りを楽しむ事が出来ると思います。

そうは言っても所詮は初心者なので、今後もし新たに利用する結び方が増えれば随時更新させて頂こうと思います。

 

エイトノット

釣りを始めたら一番最初に覚えておく事をオススメする便利な結び方になるかと思います。

「エイトノット」という呼び名の他にも「8の字結び」とか「チワワ結びと」も呼ばれているそうです。

テケテケの主な用途としてはカワハギ釣りの時に道糸とスナップを連結したり、ルアーフィッシングの時にもラインとスナップを連結する為に利用しています。

ルアーフィッシングの際にPEラインとリーダーなど(種類の異なる糸と糸)を直結する為の結び方としても利用できますが、強度的にはあまり強くないので、引きの強い魚や大物がヒットした時の事を考えると糸と糸を直結するのは次に紹介する「FGノット」を利用した方が良いと思います。

この結び方、実は自分で調べたのではなく、カワハギ釣りを始めた時に海マスターに教わりました。

ちなみに海マスターは今でもエイトノットのみで全ての釣りを楽しんでいると言っていました。

 

FGノット

PEラインとリーダーなど(種類の異なる糸と糸)を直結する為の結び方で恐らく最強と言われているのが、このFGノットという結び方です。

慣れるまでは割と難しいのでエギングやルアーを始めた頃は「電車結び」という結び方を利用していたのですが、実際の釣行時に結び目が切れてしまい何度も釣り場でシステムを組み直す事がありました。

その場合には当然、先についているエギやルアーもお亡くなりになるので、とても残念な気持ちでいっぱいになります・・・

その後テケテケも練習を重ね、家でタックルのメンテナンスをする時は1番目と2番目の動画のようなやり方で、実際の釣行時に結び目が切れてシステムを組み直す場合には3番目の動画のようなやり方で、FGノットを使って糸と糸を直結しています。

この結び方は直結方法の中では恐らく最強で、絶対に覚えておいて損はないので、ぜひ挑戦してみて下さい。

実際のところ、慣れるまでは少し難しいので、最初は安いナイロンラインとかで練習したほうが良いと思います。

 

2017-01-06 訂正

その後、テケテケもFGノットを利用する事になってからは釣行時に直結部のノットが切れた事は一度もありません。

代わりに、その先のリーダーとスナップのあたりが切れるのでエギやルアーを無くす事には変わりありませんが、システムを組み直す必要は無いのでリーダーに余裕があればエイトノットでスナップを付け直せば釣りにすぐ復活する事ができます。

以前このページを書かせて頂いた時に、FGノットを使うと結び目ではなく、その先のリーダーが切れるので、現場でシステムを組み直さずに釣りに復活できるみたいな事を書きましたが

完全に素人の間違いでした、お詫びして訂正をさせて頂きます。

実際、当時は書いたとおりの事が起こっていたのですが、こんな勘違いをした理由としては、シーバスフィッシングの際にエギング用の細い(8lb)リーダーを使っていたからだと思います。

今現在、シーバスフィッシングの時には16lb~20lbという比較的強いリーダーを使っているのですが、これだとFGノットの結び目は部分は切れませんが、PEラインが耐えられずに切れて帰ってきます・・・

また、根掛かりした時のルアー改修率アップ方法なども色々と考え方があるようですが・・・

僕が今現在で一番有効そうだと感じるのは、PEラインを1.2とか1.5にしてラインの強度を増して、16lb~20lbのリーダーとFGノットでガッチリと結束!

そしてフックの強度を少し下げて、根掛かり時はフックが曲がりルアーの改修率を上げるという方法です。

ただこのやり方は、PEを太くする事で失う飛距離と、フックの強度を下げる事でバラシやミスバイトの確立が上がるというデメリットも多いので、今現在だと僕はルアーの改修率を上げる為の工夫はしておらず、PEラインは1号、フックも通常のフックを使っています。

この辺は何が正解というのはきっとなく、釣り人それぞれのポリシー次第って事になるかと思いますが、そんな細かい戦略を立てる事も釣りの楽しみのひとつだし、本当に釣りって奥が深いですね・・・

何はともあれ、このような間違った情報を発信してしまい本当に申し訳ございませんでした。

今後も素人考えの間違った内容の記事は、可能な限り加筆、修正を加えていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

m(_ _)m

 

内掛け結び

この「内掛け結び」という結び方は釣り針と糸を結ぶ為に利用します。

テケテケはカワハギの仕掛けを自作する際に利用しているのですが、殆どの方は釣り具店で糸付きの釣り針を購入されると思いますので、実際にこの結び方を必要とする人は少ないと思います。

でもランニングコストを少しでも押さえたい考える方にはオススメで、テケテケの場合には格安のカワハギ針を100本くらい購入して、安価なフロロカーボンの糸を利用して内掛け結びでカワハギ釣りに使うハリスを自作しています。

ちなみにコチラが「テケテケ流カワハギ仕掛けの自作方法」を書かせて頂いた記事です。

宜しければご覧になってみてください。

僭越ではございますが

未だ初心者に産毛が生えた程度のテケテケは今でもそうですが、釣りって専門用語が多くて、釣りを始めたばかりの頃は意味不明な事がたくさんありました。

でも今はインターネットで大体の事は簡単に調べられるので、少しでも釣りに興味をもたれた方はぜひ色々と検索して調べてみてください。

そして少しだけ予備知識がついたら近所の釣り具店を覗いてみて、自分がやりたい釣りの予算立てをすると良いかと思います。

最初は決して高い道具には手を出す事なく、中古の釣り道具などで十分すぎる程に釣りを楽しむ事ができると思います。

またダイソーを始めとする百均ショップは釣り師にとって宝の山です。

釣り具店だと1,000円~2,000円くらいする便利そうな道具も、殆どは百均の商品を工夫したり改造したりする事で補う事が可能です。

そして、どんな安物でも、釣り道具を揃えたら出来るだけ実際に釣りに行き、常連さんとかに色々と教えてもらうのが一番だと思います。

例えばイカを釣る為のエギひとつとってみても、地方や釣り場によって実績のある色、形、メーカーなどが全然違うものです。

また海で遊んでいると色々な出会いもあり、そんな事も釣りの楽しみの一つかなと思います。

このページも含めて「湘南釣りブログ」をご覧くださった方がで、1人でも釣りを始めてみようと思って頂けたら幸いです。

おすすめ記事

アーカイブ

湘南釣りブログのYouTubeチャンネル!


「スポンサーリンク」

  1. 釣行記

    2017.03.20釣行記録-西湘サーフ梅沢海岸-朝マズメ三連戦の最終日-フロー…
  2. 番外編

    アングラーにもサーファーにも読んで欲しい!!勝手な主観ですが僕が思う釣りとサーフ…
  3. 釣り道具

    溶けにくい氷の作り方&クーラーBOXのプチ改造!!少しの工夫で釣った魚を鮮度良く…
  4. 釣行記

    2017.03.13釣行記録-湘南-片瀬川河口からの弁天橋で橋脚回り-大潮3連敗…
  5. まとめ

    釣り好きのお父さんに最適!!プレゼントに喜ばれそうなデジタル魚拓サービスまとめ!…
PAGE TOP