まとめ

釣り具メーカーまとめ!?僕が使っている釣り具メーカー限定で整理してみました

釣り具メーカー

僕は、釣りを始めるまで「SHIMANO」と「DIAWA」に「がまかつ」と

テレビでCMが流れるような、大手の釣り具メーカーしか知りませんでした。

実際に釣りを始めてみると、世の中には本当に数多くの釣り具メーカーが存在し

ロッドはSHIMANO、ラインはYGK、ルアーはetc・・・ など

アングラーの予算や好みによって、各メーカーの釣り具を組み合わせて釣りを楽しんでいます。

今回は、そんな多くの釣り具メーカーの中から

実際に僕が購入した事がある釣り具メーカーのみをまとめてみました。

これから釣りを始めたいと考えている人に、少しでも参考になれば幸いです。

SHIMANO

http://fishing.shimano.co.jp/

説明の必要が無いくらい有名な、釣り具の巨大メーカー、シマノ

僕がシーバスとヒラメで、メインで使っているタックルは、SHIMANOの製品ですが

まさに質実剛健、個人的には、大満足のリールとロッドです。

【SHIMANO】ディアルーナ&ストラディック」でも紹介していますので、良かったらご覧下さい。

 

DAIWA

http://www.daiwa.com/global/ja/

こちらもSHIMANOと並んで、世界的に有名な釣り具メーカーのダイワ

僕はエギングタックルにダイワの製品を使っています。

もちろん、何の不満も無く快適に釣りを楽しめていますが

リールだけに関して言えば、僕はSHIMANOのリールの方が好みです。

本当に些細な理由なのですが、キャストする為にベールを起こした時

ダイワのリールは少しベールをずらしてロックする必要があるのですが

シマノのリールはベールを起こした場所でロックされます。

この小さいひと手間が、数時間キャストを続ける時に僕の場合は若干ストレスです。

まぁ、本当にこの辺りはアングラーの好みかと思いますし

昔からDaiwa派かSHIMANO派かという話は、尽きないようです。

ちなみに僕の場合は、どちらかと言えばSHIMANO派です。

 

MajorCraft

http://www.majorcraft.co.jp/

僕が初めて購入したシーバスロッドが、メジャークラフトの物でした。

このメジャクラのシーバスロッドでは、これまでにシーバス2匹、ヒラメを数匹ゲットしています♪

また、このメーカーの特徴はコストパフォーマンスと品質のバランスが良い事かと思います。

噂の弾丸ブレイド !!メジャークラフト初のPEライン」でも紹介させて頂きましたが

この4月に、メジャークラフトからは初のPEライン「弾丸ブレイド」が発売されます。

高いコスパと品質を期待して、発売されたら、早速使ってみたいと思っています。

 

TAKAMIYA

http://www.takamiya.co.jp/

こちらは、僕が大好きな釣具店「POINT」のオリジナルブランド、TAKAMIYA

僕の場合には、カワハギタックルを始め、エギに、ウェーダーにライフジャケットから小物まで

TAKAMIYAでは、数多くの釣り具を購入しています。

このメーカーの特徴としては、メジャクラに負けず劣らず、いや若干上回るくらいの

コストパフォーマンスと品質の高さかと思います。

これから釣りを始めようと考えている人には、一番オススメの釣り具メーカーかと思います。


「スポンサーリンク」

 

アムズデザイン

http://www.ima-ams.co.jp/

ミノールアーの代名詞とも評される、サスケ裂波を始め

秀逸なルアーを数多く、世に送り出しているルアーメーカーです。

僕自身の実績も、今のところ殆どが、このimaのサスケ裂波です。

これからルアーフィッシングを始めたいと考えている人は、必ず1個は購入して損は無いルアーだと思います。

このメーカーの特徴としては、とにかく釣れます!

でもルアーの塗装が弱く、塗装が剥げやすいのが残念です!

 

BlueBlue

http://bluebluefishing.com/

シャルダス20!こんな動画見せられたら買っちゃいますよ」でも紹介させて頂いた

お洒落なルアーメーカー、BlueBlue

ここのルアーは、本当に個性的でプロモーションも上手なので

僕はすぐに釣られて購入しちゃいます。

残念な事に、今のところ実績はありませんが「今日は魚っ気ないなぁ」なんて時には

僕はよく、泳がしているだけでも楽しい、BlueBlueのルアーを投げて楽しんでいます。

このメーカーの特徴としては、何せオシャレって事でしょうか。

間違いなく、僕が好きなルアーメーカーのベスト3に入ります。

 

COREMAN

http://www.coreman.jp/

1月3日に注文したシーバスノート1がやっと 届きました」でも紹介させて頂きました

シーバスノート1、2の著者、泉裕文さんが代表を務めるルアーメーカー、コアマン

はじめてのコアマンルアー!!IP-26&BC-26」でも紹介させて頂いたルアーを二つ購入しましたが

僕が釣りに行くフィールドでは、なかなか出番が少なく、今のところは、あんまり投げてません。

少しづつですが、釣行エリアが広がってきましたので、今後の活躍を期待しているルアーです。

このメーカーの特徴としては、代表の泉裕文さんが、何せ熱い!

また、シーバスノートも、一見の価値はありますので、興味のある方は読んでみて下さい。

 

DUEL

http://www.duel.co.jp/

僕の場合には、主にエギを購入する事が多いルアーメーカーです。

以前は、PEラインもDUELの製品を使用していましたが

現在は、後で紹介するYGKの「よつあみ」という製品を使っています。

 

YAMARIA

http://www.yamaria.co.jp/

エギと言えば、YAMARIAと言っても過言では無いほど

アオリイカとエギについて研究熱心なメーカーです。

僕も、数多くのエギをYAMARIAで購入しています。

 

YGK

http://yoz-ami.jp/

僕は、このメーカーの製品としてはPEラインを利用しています。

以前はDUELのPEラインを利用していたのですが、現在はこれ一択です。

でも今後、メジャクラから発売予定の「弾丸ブレイド」と比較してみて

改めて使うPEラインについては考えてみようと思っています。

細かい事ですが、この辺も釣りの楽しみの一つです♪

 

Abu Garcia

http://www.purefishing.jp/abugarcia/

メジャークラフトと同じように、コスパと品質のバランスが良いと評判のアブガルシア

たまたま僕は、これまで全く無縁の釣り具メーカーなのですが

きっと参考になると思いますので、今回は番外として、紹介させて頂きます。

大分先の話ですが、2017年の年末に購入を検討しているメバリングタックルは

アブガルシアの製品が良いかなと考えています。

 

結局は釣り人次第

以上、まだまだ釣り経験の浅い、僕の利用実績を元に、釣り具メーカを纏めさせて頂きました。

初心者なりに感じる事ですが、高い釣り道具を使うと、確かに快適に釣りを楽しむ事が出来ます。

でも、安い釣り道具では魚が釣れない、という事は決してありません。

僕自身、人生で一番の大物を釣り上げたタックルは、7,000円のロッドと、3,000円のリールです!

まだまだ世の中には、ここでは紹介しきれない釣り具メーカー、ルアーメーカーが存在しますので

ご自身の予算やスタイルにあわせて、色々と楽しみながら見てみて下さい。

初めて釣りに興味を持った人に、少しでも参考になれば幸いです。

記事が気に入ったら
湘南釣りブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

湘南釣りブログ

関連記事


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

アーカイブ

湘南釣りブログのYouTubeチャンネル!


「スポンサーリンク」

  1. 釣行記

    2017.02.15釣行記録-湘南-片瀬川(境川)河口
  2. 食す

    アオリイカとスミイカの食べ比べ!!冷凍していた二種類のイカを一緒に食べて味を比較…
  3. 釣りの勉強

    秋のカワハギシーズンに向けてアサリを掘って自分で剥いて餌を作ってみました!!
  4. 釣行記

    2017.10.26釣行記録-ホームサーフ-出勤前の朝マズメ-ベイトたちが戻って…
  5. 釣りの勉強

    初心者必見!!春夏秋冬シーズンで違うサーフという釣りフィールドの傾向
PAGE TOP