釣りの勉強

釣りの万能餌!!塩イソメの作り方-イソメの捕獲から冷凍保存までを写真付きで紹介します

THE万能餌!塩イソメの作り方

ブログの中でも何度か書いてますが、僕は餌代に、お金を使っていません!

では、どうしているかと言うと、イソメを自分で捕まえて、塩漬けにしています。

これの良い所は、何よりもまず、釣れますし! 冷凍保存も可能です。

また、この塩イソメがあれば、殆どの餌釣りを楽しむ事が可能かと思います。

どれも、これも、カワハギの師匠から教わった事ばかりですが

本当にオススメなので、良かったらご覧になってみて下さい。

2017.03.09リライト

元々この記事は、湘南釣りブログ開設当初に、固定ページとして書いた物になります。

ちょうど時期的にも、イソメを捕まえるのに良い頃になってきましたので

今回、若干の加筆修正をさせて頂き、投稿ページとして公開させて頂こうと思います。

 

イソメのいる場所

まず最初に、僕が使っているイソメは、多分、砂イソメだと思うのですが・・・

本当のところは、良く分かってません・・・

でも、この塩イソメで本当に良く釣れるので、実際のところ、何イソメなのかは気にもなりません!

なので以後は、呼び名をイソメで統一させて頂きます。

で、このイソメが何処にいるのかって話なのですが! ズバリ海岸、そう砂浜です!

詳細な場所まではお伝えできませんが、要するに普通の砂浜です!!

 

p_20160312_110018

その砂浜を注意深く歩いてみると、きっとすぐに見つかると思うのですが

上の写真のような、小さい穴が砂浜に空いてます。

大体、直径5mmくらいでしょうか! そう、この小さい穴が、イソメの住処です!

この小さな穴の中に、縦に入って暮らしているんですね!

海から遠い人は、イソメを捕まえる為に、海に行こうとは思わないかもしれませんが

子供と、散歩しながらでも出来る遊びなので、機会があれば是非探してみて下さい。

 

イソメ採りに必要な道具

では、イソメがいる場所が分かったところで

今度は捕まえる為に、必要な道具を紹介したいと思います。

僕も全て、カワハギの師匠に教わった事ばかりです。

何に使うかは、とりあえず置いておいて、必要な物としては

  • 塩(1kgくらい、安いのでOK)
  • ビニール袋(3枚くらい)
  • スコップ(小さめで、縦長の方が使いやすい)

他にもあると便利な物はありますが、最低限これだけあれば、大丈夫です。

 

イソメの捕まえ方

それではイソメの捕まえ方ですが、非常に単純です!

さっきの写真の小さい穴を中心に、スコップで砂を掘るだけです!!

深さとしては、深い程良いのですが・・・

素早く掘り返さないと、イソメが穴の深い所に逃げてしまうので

ご自分が素早く掘り返す事が、可能な深さ、という感じでやってみて下さい。

イメージとしては、斜めに素早くスコップを入れて、ぱっと掘り返す感じです!!

僕も素早くやってるつもりですが、実際には穴の下に逃げられている、途中を掘り返している感じで

大体スコップで、体の途中が切れたイソメが捕まります。

イソメは生命力が強く、途中で切れても生きてます!!!

また基本的には、1つの穴に、イソメは1匹なので

100匹欲しかったら、最低でも100個の穴を掘る必要があります。

逃げられてしまう事も多いので、実際には3回掘って1匹~2匹って感じでしょうか。

そして捕まえたイソメは、用意したビニール袋などに、入れておく感じです。

やる事は非常に単純なのですが、雪かきと同じくらい疲れますので、腰には注意して下さい。

本当に単調な作業ですが、僕は2~3時間くらい、夢中になってやってます!!

 

p_20160312_120805

気が付くと砂浜は、こんな感じで穴だらけです!!!

実際には、この10倍以上の穴を掘ってます!!!

この頃には、既に汗だくだく状態ですw


「スポンサーリンク」

捕まえたイソメの下処理方法

 

p_20160312_122724

次は、捕まえたイソメを下処理するのですが、上の写真が、この時捕まえたイソメです。

大した量では無いと、思われるかもしれませんが

この量を釣り具店などで購入すると、日本酒とかを飲むオチョコ一杯で300円~350円が相場で

この量だと多分5,000円~7,000円はすると思います。

必要な道具には書いてありませんが、僕はこんなザルも持って行っています。

百均で売ってるやつで十分なので、あれば便利です! 僕はカワハギの師匠にもらいました。

 

p_20160312_123421

捕まえたイソメには、砂とか、ゴミが結構ついてるので、僕はザルで洗ってあげてます。

 

p_20160312_123641

ザルが無ければ、そのままビニール袋に入れたままでも、別に問題はありません。

 

 

p_20160312_123750

では下処理についてですが、こちらも単純です。

上の写真のように、ビニール袋にイソメの半分量~同量程度の塩を入れます。

 

p_20160312_124024

そうしたらビニール袋を縛って、イソメ全体に塩が馴染むように、シャカシャカと振ります。

目的としては、イソメを死滅させる事と、塩で余計な水分を抜く為です。

 

 

p_20160312_152602

その後は、この状態で30分~1時間ほど放置しておきます。

すると、上の写真のように、イソメから余計な水分が出てきます。

ここまででイソメの下処理は終了です。

ビニール袋に入れる塩の量とか、放置する時間などは、個々のお好みで変えてみて下さい。

 

好みに合わせて加工する

p_20160312_153143

それでは、下処理したイソメの加工についてですが

僕の場合はザルを使って、イソメを余計なゴミとか塩を再度、洗い流します。

次は写真が無いのですが・・・

洗ったイソメを新しいビニール袋に入れて

下処理と同じく、イソメの半分量~全量程度の塩を入れて

再度シャカシャカ振り回して、イソメ全体に塩を馴染ませます。

 

p_20160312_161336

そして、ここからが少し大変です・・・

新聞紙を広げて、適度な間隔でイソメを一匹づつ並べ

更に上からサラサラと塩をまいて、2時間~3時間くらい乾燥させます。

この時の塩の量や、乾燥時間も、半生が好みな人は塩少なめの、乾燥時間短めに

ドライが好みな人は、塩多めで乾燥時間長めと、お好みで試してみて下さい。

 

p_20160312_175636

僕の場合は、大体2時間くらい乾燥させるのですが、それが上の写真です。

更に余計な水分が出て、良い感じで締まっています♪

これで、イソメの塩漬け自体は完成です。

この餌はホントに良く釣れるので、是非試してみて下さい。

 

釣行先で使いやすくする

 

p_20160312_184311

釣りの種類によっては必要無いかもしれませんが

僕の餌釣りターゲットは、カワハギ、キス、イシモチがメインなので、そんなに釣り針も大きくありません。

なので、一本の針に付けるのに必要な長さに、ハサミでチョキチョキと切っておきます。

大体、2cm~2.5cmくらいあればカワハギ、キス、イシモチは十分に、釣る事が出来ます。

生きてるイソメを使って、釣りをした事がある人は分かると思いますが

一本の針に1匹では餌代が高くつくので、殆どの人は切って使うと思うのですが

ウニョウニョ動くし、噛んでくるし、結構やっかいです。

これがSUPでの、餌釣りとなると尚更で

海上では出来るだけ手間を減らして釣りに集中したいので、僕は使いやすいようにハサミで切ってます。

 

塩イソメの保存方法

p_20160312_190141

最後に、出来あがった塩イソメの保存方法ですが

僕は百均で買ってきたジップロックに、釣行単位で取り分けています。

この写真では6個に分けてますが、その後の経験から思うに、倍の12個に分けて良いかと思います。

最近では、そのくらいの分量で取り分けてるのですが、その1袋で1回の釣行には十分です。

 

p_20160312_190834

ジップロックに取り分けた後は、上の写真のように新聞紙で小さく包んで、冷凍庫で保存しておきます。

 

img_20161213_085205

新聞紙に包むのは冷凍庫で霜が付かないようにする為です。

この保管方法で、1年~2年くらいは全然大丈夫なので

僕は春になると、時間があって気が向いた時には、イソメを掘りに行ってます。

あれも、これも、カワハギの師匠からの受け売りですが

お陰さまで、今では釣り餌の心配は一切する事なく、いつでも気が向いたら釣りに行ける状態です。

繰り返しになりますが、この塩イソメ!

本当に良く釣れるので、良かったら試してみて下さい。

最後までお読み頂き、有難うございます。

ちなみにイソメを捕まえるのに便利なスコップはコチラです。

アマゾンの最安値順
楽天の最安値順

記事が気に入ったら
湘南釣りブログを "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

湘南釣りブログ

関連記事


最近の記事

おすすめ記事

アーカイブ

湘南釣りブログのYouTubeチャンネル!


「スポンサーリンク」

  1. 釣り道具

    これは楽ちん!!海で使ったルアーを水洗いしてから拭くのに便利な洗車用スポンジクロ…
  2. 釣り道具

    拝啓、厳しい花粉の季節も終わり!やっと遊ぶ気分になってまいりました!!
  3. 釣行記

    2016年の大晦日いつものホームサーフで釣り納め
  4. まとめ

    釣り具メーカーまとめ!?僕が使っている釣り具メーカー限定で整理してみました
  5. 釣行記

    2017.02.15釣行記録-湘南-片瀬川(境川)河口
PAGE TOP